Seiwa University

キャリア・就職

教職モデル

全学生に共通して設定されているベーシックモデルに加えて、教員への進路実現をサポートしているのがこの教職モデルです。本学の中でもまだ歴史の浅い学びのモデルですが、すでに大勢の教壇で活躍する教員を輩出しています。

4年間のプログラム

取得できる免許状

本学の学部学科で取得できる免許は次の4種です。

高等学校
1地理歴史
2公民
3情報
中学校
4社会

上記以外に、本学短期大学部での科目等履修で、幼稚園教員免許の取得が可能です。
本学で学びながら、他大学の科目等履修や通信教育を合わせて学修し、上記以外の免許状取得に励んでいる学生もいます。
(例) 中高保健体育小学校教員免許状など

だからモチベーションが高まる、だから受かる

1教職インターンシップの充実
学習サポートボランティア
近隣の高等学校で年間15回の学習指導ボランティア経験。
スクールアクティブサポーター
木更津市との連携事業。市内の小中学校で週1回学校現場の補助。
ちば、教職たまごプロジェクト
千葉県との連携事業。小中学校で週1回学校現場の補助。
プレ教育実習
近隣の高等学校で、教育実習に行く1年前にHR活動などを経験。
2必要な知識の徹底的な復習と演習
1年次から4年次まで、週1回、中学校の社会の教科書レベルまでさかのぼって徹底的に復習と演習を行います。
「清和社会科検定」と名付けられたこの講座は、教員採用試験の合格に基礎力養成になっています。
3最新情報に基づく採用試験合格対策講座
3年後期、4年前期に行われる、合格のための対策講座。本人のやる気次第で2年次からの受講も可能。過去問題を用いた答練から、小論文、プレゼン、集団討議の2次対策まで。

先輩からのMessage

正直まだ「これ!」という将来の決定はないのです。周りにたくさんのドアがあるみたい。欲張りなのかな。先日も航空関係の仕事に従事する方と話をする機会があって、「素敵だな」と思いました。色々考えるのですが、共通点は「人の心に考えを及ぼしながらできる仕事」のように考えています。中でも教職に就くことは、私の中でかなり大きなウェイトを占める選択肢です。大学入学時点で決めていたので、迷わず教職課程を履修しました。清和大学では、地域の学校や関係機関と連携して、教職に関わるボランティア活動の機会をたくさん用意してくれているので、できるだけ参加するようにしています。今回の天羽高等学校の学習サポートの経験はとても貴重なもの。わたしを教職にぐっと引き付けてくれる、すごくいい経験をさせていただきました。今は市内の小学校の特別支援学級のサポートボランティアに毎週行っています。障害のある児童と接する中で、特別支援教育にも関心が高まっています。また一つドアが現れたのかな。

教職に就くことは、幼いころからの夢、小学校の4年制頃からだったと思う。「絶対に!」と明確に意識するようになったのは、実は大学の1年の途中なのです。スポーツ法コースの先輩が、中学校教諭の採用試験に、現役合格を果たしたのを聞いた時からです。授業と部活以外の時間は、ほとんどここ(図書館の南の隅)にいます。もう定位置になったみたいで、他の人はここには座らないですね。何か申し訳ない気がするけれど、現役で受かりたいから・・・。社会科の教員もそうなのですが、やはり柔道を教えたいんです。自分が好きで夢中になってやってきたことを、その楽しさと貫く充実感を教師になって伝えたい。そんな気持ちでいっぱいです。生徒が目を輝かせて聞いてくれている、歴史の授業を時々想像しています。難しいことではないと思っています。天羽高校の学習サポートで、生徒さんが「あっ、なるほど」と笑顔を作ってくれた時のあの感動は、何か少しの自信を与え、やる気に拍車をかけてくれました。感謝しています。

先輩からのMessage

合格するための力を高めるだけ高められる環境がある
先輩からのメッセージ

金城 歩睦 さん
千葉県立君津高等学校出身

君津市立中学校勤務
目の前に後輩がいます。3年生になる彼は、教職を目指して学習サポートで勤務校に来ています。『私もそうだったなぁ。がんばれ!』まだまだ教員になって日が浅いのに、先輩面をして応援したくなる懸命さです。この「なりたい」という一念が一番大切です。その気持ちを持続させ、常に一段高みを目指す向上心を持たせてくれる環境が清和大学にあったように思います。豊かな体験(教職インターンシップ)の中で、自分の適性を見極めて行けたのも、ありがたかったと感謝しています。
本気で教員になりたい人に、清和大学は自信をもってお薦めできます。
キャリアストーリー