Seiwa University

入試情報

学力特待生制度

清和大学の学力特待生制度

キミの頑張る力、応援します。
自らすすんで能力を磨く意志を持つ キミを待っています。

学力特待生制度のPoint4

  • 1

    学力特待生は、A特・B特の2種類。最大270万円を給付!

  • 2

    ほぼすべて(入試区分4種類)の入学試験でエントリーが可能

  • 3

    入学後は、清和大学特待生規定の適用を受けることも可能

  • 4

    学力特待生として入学すると、原則として適用される資格は4年間(卒業まで)

学力特待生制度について

平成30年度入試(平成29年度実施)の入学試験から採用したこの制度は、広く全国から優秀な人材を募り、育成することを目的としており、そのような学生に一定の経済的支援を行うために設けられたものです。

Point1学力特待生は、A特・B特の2種類 最大 270万円を給付!

学力特待生として入学すると、大学から次の内容の給付があります。
 A特待:入学料全額分と4年間の授業料全額相当分を給付
 B特待:入学料全額分と4年間の授業料半額相当分を給付
特待生の学費の年間納入額は次のとおりとなります。(4年間適用)

  学費の内訳
入学料 授業料 実験実習学生
諸費・維持費
年間学費(円)
種類 A特待生 0 0 420,000 420,000
B特待生 0 300,000 420,000 720,000

Point24種類(入試区分)の入学試験でエントリーが可能です。

本学が実施する入学試験のうち、2月までに実施される「総合型選抜」「学校推薦型選抜(公募制・指定校制・併設校制)」「一般選抜」「大学入学共通テスト利用選抜」で、学力特待生選考にエントリーできます。各試験日当日に、エントリー者を対象に実施する選考とその方法は以下のとおりです。

入試区分 合否判定試験 特待選考 *1 特待生選考方法
総合型選抜
(I期・II期・III期・IV期)
基礎学力検査
小論文、面接
提出書類、実施する試験等の結果を
総合的に判断して決定する
学校推薦型選抜
(公募制・指定校制・併設校制)
小論文
面接
基礎学力検査
一般選抜 学力試験
面接
大学入学共通テスト
利用選抜(Ⅰ期)
大学入学共通テスト
試験結果
面接 提出書類、大学入学共通テスト試験結果、
面接結果を総合的に判断して決定する

*1エントリー受験者に対して実施する選考の結果は、大学の合否判定には無関係です。

Point3入学後は、清和大学特待生規定の適用を受けることもできます。

本学には、在学生を対象にした「清和大学特待生」制度があります。「清和大学特待生」は、年次の成績により、翌年の授業料相当額が給付される制度です。例えば、B特でも入学後の頑張りで「清和大学特待生」1種特待生になれば、(年度毎に)A特待生と同等の給付を受けることが可能です。
※「学力特待生」「清和大学特待生」の両方に認定された場合、給付額が高い方が適用されます。給付額が合算されることはありません。

【 参考】清和大学特待生規程

目的 学業、人物ともにすぐれた学生に奨学金を給付し、優秀な人材を育成する。
資格 1種…各年次の成績が抜群で人物がすぐれていること
2種…各年次の成績が優秀で人物がすぐれていること
人数 各学年若干名
給付額 1種…清和大学授業料相当額
2種…清和大学授業料相当額の半額
給付期間 当該年度1年(ただし,再出願可)

清和大学特待生規定はこちらをご覧ください >

Point4学力特待生として入学すると、適用される資格は4年間です。

Point1にもありましたように、入学時に選考されたA特待生、B特待生の資格は、4年間継続して適用されます。ただし、年度ごとに評価し、その資格について検討します。学業に専念せず成績が不振であったり、本学の諸規則違反や学生の本分に反する行為等で処分を受けたりした場合などは、資格が取り消されることがあります。詳しくは、入学後説明します。

学力特待生募集要項
1 コース及び募集人員
法学コース    若干名
情報と法コース  若干名
2 エントリー要件
(1)各試験形態の出願条件を満たしている者
(2)所属(出身)学校長が本学の学力特待生としてふさわしいと評価できる者
(3)調査書の全体の学習成績の状況(評定平均値)が、4.0以上である者
(4)入学後、大学が設けるリーダー養成プログラム* に参加し、積極的に大学行事の運営に関わったり、大学の催し物の手伝いをするなど、自らすすんで能力を磨く意志のある者
※ 学力特待生のために計画している自己練磨プログラムです。授業ではありませんので、卒業単位認定はありません。
「強い頭(考える力)づくり」を目的としたミーティングです。
3 選考方法・実施時間等
(1)各試験日当日に、エントリー者を対象に特待生選考のために実施する選考とその方法は上記をご覧ください。
(2)「面接」は、グループ面接を予定しています。
(3)大学入学共通テスト利用選抜で、学力特待生選考にエントリーする受験者は、面接がありますので、指定の時間までに本学にお越しください。
(4)集合時間、実施時間につきましては、学生募集要項でご確認ください。大学の都合により実施時間を変更する場合は、受験票送付時にご案内いたします。
4 エントリー方法
(1)「清和大学学力特待生エントリー用紙」に必要事項を黒のボールペンで記入し、受験する入学試験の出願に必要な書類とともに、出願用封筒に同封し、郵送(速達書留)するか、直接窓口へ提出してください。
(2)本学から受験票送付時に、エントリーを確認した(受理した)旨を記した文書をお送りします。
5 その他
本学に入学手続を行った後、入学辞退をする場合、事務手続き手数料を差し引いた額を返還いたします。

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
      清和大学入試広報センター 0438-30-5566

学力特待生制度 Q&A

Q1 エントリーはどのようにすればいいですか?

エントリー用紙に必要事項を記入し、受けようとする入学試験の出願書類と一緒に出願用封筒に入れて、郵送(書留・速達)するか、直接大学の窓口に提出してください。詳しくは「学力特待生募集要項」で確認してください。

Q2 結果はいつわかるのですか?

受験した入学試験の合格発表と同時に結果をお知らせします。エントリーした受験者には、選考結果によって、次の3種類のいずれかの通知が届くことになります。
① ○○コースにA特待生として合格しました。
② ○○コースにB特待生として合格しました。
③ 特待生制度の適用はありませんが、○○コースに合格しました。

出願・エントリーから発表までの流れ

Q3 過年度生ですが学力特待生選考にエントリーできますか?

できます。ただし、エントリー要件に「調査書の全体の学習成績の状況(評定平均値)が、4.0以上である者」がありますので、学習指導要録の成績記載部分の保管年限までという条件がつきます。保管年数(=調査書の発行の可否)については、出身高等学校にお問い合わせください。

Q4 エントリー要件以外にアドミッションポリシーのようなものはありますか?

ありません。特待生選考は、上記の目的で行われるものであり、入学試験ではありませんので、特別にアドミッションポリシーを謳ってはいません。しかし、制度の目的からは、入学後大学が設けるリーダー養成プログラムに参加し、積極的に大学行事の運営に関わったり、大学の催し物の手伝いをするなど、自らすすんで能力を磨く意志のある者であることを強く期待します。

清和大学 学力特待生制度について(pdf)はこちらへ >

清和大学 学力特待生募集要項(pdf)はこちらへ >

清和大学学力特待生エントリー用紙は(印刷時はA4サイズ)こちらへ >