Seiwa University

大学紹介

教育の目的・ポリシー

ディプロマポリシー

以下のような能力及び人間性を備え、かつ所定の期間在学し、基準となる単位数を修得した学生に法学士の学位を授与します。

  1. 基本六法科目並びに幅広い法分野科目の学習を通して得た知識を活かし、地域社会や国際社会のなか で活躍できる能力
  2. 4年間にわたる「演習」「研究会」などの双方向の授業を通して、論理的思考、課題探求、情報発信、コミュニケーション等ができる能力
  3. 本学の建学の精神や基本理念である「真心教育」をよく理解した豊かな人間性

カリキュラムポリシー

本学法学部法律学科に3コース(法学コース、情報と法コース、スポーツ法コース)を置き、本学法学部ディプロマポリシーを浸透させるため、以下のようなカリキュラム編成方針を採ります。

  1. 本学法学部法律学科のカリキュラムは、基礎科目と専門教育科目とから構成され、いずれのコースで あっても、法律の基礎知識及び法的な考え方(リーガルマインド)は必要不可欠です。そのため、入 学初年度から法律基本科目や導入演習科目を必修とします。また、地域社会や国際社会のなかで活躍 できる人材を育成するため、外国語及びICT(情報通信技術)関連科目を必修に含めます。
  2. 論理的思考、コミュニケーション力等を身につけるため、全ての学年次に少人数の討論によって進め るゼミ形式での演習授業を多く用意します。
  3. 幅広く深い教養を身に付け、豊かな人間性を涵養するため、多様かつ多数の教養科目を用意します。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

本学の基本理念及び使命目的に照らし、次のいずれかに該当する受験者を求めます。

  1. 合理的な社会生活を営むために不可欠である法学の専門知識を活かし、地域社会や国際社会の中で活 躍しようという意欲をもつ者
  2. 学問の他、スポーツや文化活動等に優れた個性を発揮しようという意欲をもつ者
  3. 学問の他、個性の伸長と可能性の発現に努めようという意欲をもつ者

「アドミッションポリシー」とは、清和大学が入学を希望する方に求める能力や資質に関する考え方のことです。